in

「JYP危ない?」TWICE 再契約の行方に関心…..新女性グループ「2022年」デビュー発表で


JYPが、新人ガールズグループのデビューを予告。「TWICE」の再契約に関心が向けられています。

JYPは9日、ティーザーを公開し、新人ガールズグループのデビューを発表。このグループは、2022年にデビューする予定といいます。


「2022年」はTWICEの契約満了年に当たるため、TWICEの再契約を連想するネットユーザーが多かったよう。同日、韓国オンライン・コミュニティでは「TWICE再契約不発となったら、JYPはどうする」との書き込みがトレンド入りしました。


TWICEは、2022年10月にJYPとの専属契約が終了します。K-POPグループのメンバー全員が再契約するケースは極めて稀なため、一部メンバーの再契約不発がグループの解散につながるのでは、と予想する声は少なくありません。ファンは再契約を望んでいます。

jypエンターテインメント


一方、JYPにとっては、長年事務所を引っ張ってきた稼ぎ頭「TWICE」が解散となることは大きな痛手。契約満了まで約1年4カ月となる中、手を打たなければいけない時期です。新人デビューのタイミングについては、ITZYのデビューから3年で、特別短いスパンではありません。しかし、8か月前早々に発表されたことで、「特別な意味があるのでは?」と、最悪のケース「TWICE解散」を見据えた動きと受け取る向きもあります。

オンライン・コミュニティの投稿は、そんな状況にあるJYPを心配する内容です。

投稿主は「もしTWICEが抜けると、2PM, Day6, Stray Kids, ITZYの4グループが残る。しかし、TWICEと同年デビューのDay6も再契約不発となると、3組だけになり、深刻な状況になる」とし、「TWICEとは必ず再契約しないといけない。何人かが出てもグループは維持しないといけない」と警鐘を鳴らしています。

書き込みを見たネットユーザーからは「TWICEのソロ活動の少なさ」に言及するコメントが多く寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)

▼「再契約するケースでは、個人活動許容条項をいれないと再契約なさそう。そろそろ演技の道に行く人は演技して、バラエティで活動する人は、バラエティに出ないと」
▼「でもTWICEが別々にソロで活動するとしたら、何をするかな? もっとうまくいかないと思うけど」
▼「だめだったら何? もう十分もうけたし」
▼「分からないよ。ソンミが上手く行くとは誰も思わなかったから」
▼「JYPがトワ全盛期の時に、個人活動を何もさせなかったのが本当に大きな打撃。実力歌手ではなくて芸能人として活動できたのに。今になって、個人活動しようとしているみたいだけど」

▼「こうしてみると、JYPは本当に賢い(笑) 1人を推すと(人気になって)その人が出て行って、再契約不発になる。メンバー差別しないという名目で、みんな一緒に下に合わせて平準化させた」
▼「パク・ジニョンがmiss Aの時のことを教訓にして、トワは個人活動をさせなかった。でももし再契約不発だったら、パク・ジニョンはまた考え方を改めることになりそう」
▼「スジのケースは特殊なケースだよ。miss A自体がスジに助けられたグループ。スジ以外にブレイクしたメンバーいなかったでしょ」
▼「入ってきたすべての広告・ソロオファーを全部突っぱねたというのが理解できない。『チャンスが来たら積極的に行動しろ』という言葉は意味もなくあるわけじゃない。デビュー同期の他のアイドルたちはほとんど個人インスタがあるけど、これもない。虚しい」
▼「バンタンもないじゃん」
▼「JYPの団体縛りが嫌で、メンバー数人は再契約しないかもしれない。7年目になるけど、まだナヨンやジヒョのソロ曲もないから」
▼「ナヨンが可哀想….スター性とビジュアルがあるのに。全盛期の時に個人広告をしていたら」





guest
55 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る