in

Mamamooファン「2PM」ファンソングに抗議….「”離さないよ”、私たちのもの」


Mamamoo(ママム)のファンから、「2PM」に対して抗議の声があがっています。「2PM」が同じタイトルのファンソングをリリースしたためです。

2PMは今月28日、7thフルアルバム「MUST」とタイトル曲「Make It」をリリース。今作は全メンバーが兵役を終えた後、5年ぶりに発表されたアルバムです。

しかし、その収録曲「離さないよ」が、Mamamooのファンダム内で物議を醸しました。同曲はJUN.Kが作詞・作曲したファンソングですが、Mamamooにも同じタイトルのファンソングが存在したため。また、「離さないよ」はデビュー当時からファンの間で良く使われている応援フレーズでもあるといいます。


一部のMamamooファンは抗議行動に乗り出しています。SNS上ではハッシュタグ「#놓지않을게_우리꺼잖아(離さないよ_私たちのじゃないの)」を用いて、リレー書き込みが展開。


MnetのYouTubeチャンネルにアップされた、2PMのステージ映像にも 「#Mamamoo_離さないよ」 「#離さないよ_私たちのじゃないの」といったコメントが散見されています。


両曲は、タイトルこそ同じですが、歌詞とメロディーは同じではありません。また、同じタイトルの曲が存在するのも珍しいことではなりません。両組以外にも、これまでに「離さないよ」というタイトルの曲をリリースしたアーティストは相当数います。

ただ今回、2曲ともファンのために歌られた曲という点で、一部のファンは不快感を表したようです。また、Mamamooには最近「フィイン再契約不発」のニュースが伝えられていたため、ファンにとって大切なファンソングに関する出来事に対して、神経質な反応があがったという面もあるようです。

今回の件は、オンラインコミュニティでも話題に。ネットユーザーからは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「どうしちゃったの」
▼「あまりにもありふれた文句なんだけど」
▼「自分たちが作った言葉か」
▼「90年代の出来事みたい」
▼「独占するには、一般的な言葉すぎる」
▼「これからはファンのスローガンも避けるべきなのか」
▼「同じタイトルの曲はすごく多いから」
▼「同じタイトルの曲があるのは当たり前じゃん」

▼「他の曲ではなく、ファンソングだからもっとそうだと思う」





guest
27 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る