in

TWICEナヨン&モモ、スングァン(Seventeen)スベリ事件話に反応「鮮明に覚えている」


Seventeenスングァン」が、TWICEの前でスベッたエピソードを公開。モモとナヨンが「鮮明に覚えている」とし、VLIVEでそれに触れています。

スングァンは27日に行ったVLIVEの中で、恥ずかしいエピソードを公開。2017年にTWICEの「LIKEY」とSeventeenの「CLAP」活動が重なった際、ギャグを言い現場の雰囲気を凍らせたことがあるといいます。

(スングァン)
「活動が本当にたくさん重なった。親しくはないけど、私なりにはとても嬉しい気持ちになり、無駄にコメントをするようになった」

「こういうギャグをしたかった。『こんなに頻繁に会うなら、会社同士で相談して、合わせて出るか合わせないか決めよう』という感じだった」

「(だけど言葉足らずで)『こうやって重なるなら、会社と相談して出てきます』と言った。すると、雰囲気が本当に凍った。本当に死にたかったよ」

「まだ、モモさんの表情がとても思い出されてトラウマだ。ただすごく恥ずかしくてまだ鳥肌が立つ」

このエピソードは、オンラインコミュニティでトレンド入りするなど話題に。すると、TWICEのナヨンモモが翌28日、VLIVEの中で「その話しないといけないと思う。ブ・スングァンさん」「私たちはその記憶が鮮明にある」と触れました。

モモは「人気歌謡1階の控え室だった」とし、「その当時とてもたくさん会っていた。挨拶をしたら急に、スングァンさんが『会社と話して出てきましょう』と言った。話が急で、私はあの時、韓国語を聞き取れなかったから….」と振り返ると –

ナヨンは「でも私も….」とし、「正確な言葉は思い出せないんだけど、『こんなことなら会社と相談して出てきてください』、こういう風に話した」と言うと、2人は爆笑しました。


2人は「Seventeenのメンバーの方々も慌てて」「表情の管理ができなかったと思う。控え室に戻りながら理解できたと思う」。

モモは「たくさんメンバーがいた。TWICEがいて、Seventeenの方々もいた。そんなに多くの前で、どんなに恥ずかしかったか。私でもトラウマとして残りそう」とし、最後に「申し訳ありません」と謝っていました。





guest
10 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る