in

「B.I(ハンビン)」5年前の麻薬事件で在宅起訴 – ヤン・ヒョンソクも


iKON出身「B.I(キム・ハンビン)」が最近、5年前の麻薬使用の件で、起訴されました。B.Iは今月1日、初フルアルバムをリリースしたばかりでした。

関係者によると、ソウル中央地検は5月28日、B.Iを麻薬管理法違反の疑いで在宅起訴しました。B.Iは2016年4月、A氏を通じて大麻とLSDを購入した後、一部を使用した疑いが持たれています。

B.Iと共にヤン・ヒョンソク元YGエンターテインメント代表も在宅起訴されました。

ヤン・ヒョンソク氏は2016年8月、B.Iの麻薬購入疑惑に関する情報提供したA氏を懐柔し脅迫した疑いが持たれています。また、ヤン・ヒョンソク氏は、A氏の所属事務所に依頼し、A氏が海外に出るよう働きかけた逃避教唆罪の疑いも持たれています。検察ではこの容疑については適用しませんでした。

B.Iは6月1日、初フルアルバム「WATERFALL」とタイトル曲「illa iila」をリリースしたばかり。その直後に伝えられた今回の起訴のニュース。性急なカムバックには批判の声も聞かれています。





guest
1 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る