in

SM x JYP「DearU bubble」で提携 – グローバル展開で協力


SMとJYPがファンダムプラットフォームで提携。グローバル市場を目指します。

SMエンターテインメントは4日、報道資料を通じて「子会社の株式会社SMスタジオズが保有する株式会社Dear Uの持分23.3%を取得したJYPとの協力を強化する」と明らかにしました。

Dear Uは、SM傘下のIT企業。プライベートメッセンジャーサービス「DearU bubble」の開発・運営で知られています。今回、SMとJYPは同サービスを、世界市場で競争力のあるモバイルプラットフォームに成長させることを目標に、提携することになりました。

「DearU bubble」は2020年にローンチ。利用者の多くは海外ユーザーで、その割合は68%に達する。SMとJYPをはじめ、13社の計150人以上のアーティストと共にサービスを提供しています。

SMとJYPは昨年8月、世界初のオンライン専用コンサート「Beyond LIVE」のための専門会社「Beyond LIVE Corporation」を設立。今回の提携により、その結びつきは一層強固になる見通しです。





guest
4 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る