in

ハン・イェスル「バーニングサン女優疑惑」に反論


「ハン・イェスル」に「バーニンクサンで麻薬を使用した女優」「彼氏はホスト出身」という疑惑が持ち上がっています。疑惑は、元芸能記者キム・ヨンホによって提起されました。

キム・ヨンホは23日、YouTube動画を通じて「クラブ『バーニングサン』で麻薬をした女優Hさんはハン・イェスル」と主張しました。


また、キム・ヨンホはその前日「ハン・イェスルの彼氏リュ・ソンジェは、ビースティ・ボーイズだ」とも話していました。映画「ビースティ・ボーイズ」では、女性を接待するホストの話が描かれています。

これについて、ハン・イェスルは23日、Instagram配信を行い「法廷に行くことを望んでるのか。わたしはそこまでしたくない」、「私がこの生活をしながら、ゴシップをどれだけたくさん聞いたか」「これは私を殺そうと決意して攻撃しているような気がして、なぜそうなのか」。

さらに「最近、所属事務所との契約が満了した。所属事務所の代表とキム・ヨンホとはすごく親しい間柄だ。一種の仕返しか、こうも思った」、「誤解があれば解きたい。連絡してほしい」と話す場面もありました。

バーニンクサンの麻薬女優については、事件の最初の通報者が今年初め「麻薬に酔って、よだれを垂らしていた女優が誰だったのか」「みんな見たんじゃないか、ヒョヨン。そろそろ吐いて。あと少しだ」と、DJとして同クラブを訪れたヒョヨンに向けて書き込んでいました。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る