in

BTS「J-Hope」1億ウォン寄付 – アフリカ暴力被害児童のために

j-hope


BTSのメンバー「J-Hope」が「子どもの日」を迎え、1億ウォンを寄付しました。

児童福祉機関「緑の傘子ども財団」は4日、「子どもの日を迎えて暴力被害にさらされているアフリカ、タンザニアの児童のために、J-Hopeから後援金1億ウォンを受け取った」と明らかにしました。

今回の寄付金はタンザニア児童暴力予防事業の支援のために設立された「One Stop Center」に使われます。「One Stop Center」は、暴力被害児童の被害申告から治療, 法的及び相談支援, 証拠収集などを1カ所で体系的に行えるように「緑の傘子ども財団」によって開設されたセンターです。

J-Hopeは継続的に寄付活動を行っています。2018年には、財団に1億ウォン以上を寄付した高額寄付者の集まりである「グリーンノーブルクラブ」に加入。昨年は、新型コロナウイルスによって困難に直面した児童らのために1億ウォンを贈り、今年2月には自身の誕生日を迎え1億5,000万ウォンを寄付。今回の寄付を含めると、J-Hopeが同財団に寄付した寄付金の合計は7億ウォンに達します。

J-Hopeは「コロナで世界的に多くの人々が苦しんでいる」「死角地帯に置かれている海外の子どもたちにも温かい分かち合いが伝わることを願い、韓国児童支援に続いて海外児童のための後援をすることになった」と伝えています。





guest
3 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る