in

APRIL事務所、声明「ヒョンジュ歪曲した主張、法的手続きで真実を明らかにする」


APRILの元メンバー「ヒョンジュ」が18日、グループ内「いじめ」疑惑について初めて口を開いた中、「ヒョンジュ」とAPRILの事務所が公式立場を発表しました。

DSPメディアは18日、公式報道資料を通じ「ヒョンジュの文で言及された内容は客観的事実とは全く異なる一方的で、歪曲された主張にすぎない」と明らかにしました。

ヒョンジュは同日未明、Instagramを通じて「デビュー準備中だった2014年からいじめが始まり、グループ脱退の2016年まで続いた」と書き込んでいました。ヒョンジュが「いじめ」疑惑に直接言及するのは、今回が初めてです。(「3年間イジメられた」元APRIL「ヒョンジュ」沈黙破る)

DSPメディア –

「DSPメディアです」

「本日掲載されたイ・ヒョンジュ氏のSNS掲示文に関連した当社の立場です。この掲示文に記載されている内容は、客観的事実とは全く異なる一方的で、歪曲された主張に過ぎません」

「APRIL脱退から5年たってから、イ・ヒョンジュ氏とその側近たちが、長い間困難を経験しながら一緒に努力してきたAPRILのメンバーたちと所属事務所に対して犯した無責任な行動によって、メンバーたちと会社はすでに耐え難い精神的苦痛と有形無形の損失を受けました」

「被害を受けたメンバーたちも真実を明らかにし、悔しさを晴らしたいい気持ちで一杯でした。しかし、極めて主観的で無責任な主張が繰り返されるだけで、問題が解決されないことを懸念して、司法機関の公明正大かつ厳正な調査を通じて客観的な真実を明らかにすることにしたのです」

「すべての真実と言及されたメンバーたちの悔しさは現在進行中の法的手続きを通じてすぐに明らかになるでしょう。多くの方々にご心配とご迷惑をおかけしてもう一度詫び申し上げます。ありがとうございます」





guest
6 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る