in

EXOベッキョン「甲状腺機能低下症」で4級判定 → 社会服務員勤務

ベッキョン


EXO「ベッキョン」が社会服務要員として兵役義務を履行すると発表した中、「甲状腺機能低下症」で4級判定を受けたことが明らかになりました。

Dispatchは3日「ベッキョンは診断書と共に最近1年間の治療記録を提出し、『甲状腺機能低下症』により4級判定を受けた。『甲状腺機能低下症』評価基準の中で最も低い等級を受けた」と伝えました。

兵務庁関係者は「甲状腺機能低下症の場合、3段階基準で観察する」「最低6ヶ月以上の投薬が証明されれば4級に当たる」と述べています。

ベッキョンは長い間、「甲状腺機能低下症」の治療を受けてきたといいます。ベッキョンの知人は「1年に1回、血液検査で観察している」「高校生の時、甲状腺問題が判明した。ひどい場合は首と顔が腫れる。根気強く薬を服用して管理している」と話しています。

これについて、韓国オンラインコミュニティでは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「甲状腺のせいだったんだ」
▼「個人医療情報をDispatchが何で公開するの?」
▼「本人提供か会社から提供されたんじゃない?」
▼「合意して公開したんだよ」
▼「コミュニティが代替服務で大騒ぎするから、所属事務所と合意して公開したんだろう」
▼「ディスパが本人の同意の下で、個人医療記録を出したんだろう。ディスパを叩くのはおかしい。公開させたのは、悪質書き込みだろ」
▼「ベッキョン、元気でねㅠㅠ」

ベッキョンは自身の誕生日である5月6日に訓練所に入所。3週間の基礎軍事訓練を受けた後、社会服務要員として代替服務する予定です。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る