in

OhMyGirl「スンヒ」友人が書き込み「タンク執着→パニック症状&引っ越し」


Oh My Girl「スンヒ」の友人が、プロデューサー「タンク」の件について、SNSに書き込みました。

A氏は自身について「タンク(アン・ジヌン)の学校の後輩で、スンヒとは10年来の学校の同期であり友人」と名乗りました。

A氏はSNSを通じて、「去年の12月5日土曜朝7時53分、ジヌンオッパが送ったカカオトークを見たら、前もって書く遺書というファイルが来ていた」「遺書にはオッパが生きてきた環境と、今具合が悪いという内容が入っていて、薬袋の写真も送られた」-

続けて「12月7日スンヒに連絡してみたら、スンヒにも同じファイルが届いたとし、自分が行ってみると話した。スンヒがジヌンオッパの体と心の具合が悪いことを知ってから連絡もよくして気遣っていた」-

さらに「しかし、タンクはスンヒの気持ちを違うように考えたのか、より多くの関心と表現を望んだ。スッピンなのにセルカを送れと強要し、愛してるという言葉を毎日言ってほしいとデリカシーのない要求を強要した」「個人SNSに許可なくスンヒの写真をアップして、スンヒが最も大切なグループ名のハッシュタグまでつけて困らせた」と伝えました。(OhMyGirl「スンヒ」プライベート映像、タンクが公開「ストーカーではなく近しい関係」)

A氏は「スンヒは心の調子が悪いからだと理解しようとしたが、続く執着に耐えられずパニック障害の症状まで出た。その後タンクと連絡を絶っている」「私はスンヒの家で数日間一緒に過ごしながらスンヒを慰めた。スンヒはストレスに勝てずに引っ越すことになった」と明かしました

最後に、「ジヌンオッパがインスタにずっとスンヒの写真と文を載せ続け、まだ苦しんでいるスンヒの姿を正そうという思いでこうして文を書くことになった」と伝えました。

「スンヒ」の所属事務所によると、「スンヒ」は「タンク」から悪質な嫌がらせ被害にあっているといいます。事務所は法的対応を示唆しています。





guest
7 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る