in

BlackPinkジス主演「雪降花」側、声明文「スパイ美化ない…憶測自制を」


BlackPinkジス主演ドラマ「雪降花」に向けられている「民主化運動に関する歴史歪曲」を懸念する声について、JTBCが声明を発表しました。

JTBCは26日、SNSを通じて「今年下半期放送予定の『雪降華』は、民主化運動を卑下し、安企部とスパイを美化するドラマでは決してありません」とし、「80年代の軍事政権を背景に、南北の対峙状況における大統領選挙の政局を風刺するブラックコメディです。その渦の中で犠牲になる男女の青春メロドラマでもあります」と明らかにしました。

さらに「未完成シノプシスの一部がオンライン上に流出し、前後の脈絡のない特定の文章を基に各種非難が続いていますが、それは憶測に過ぎません」、「特に『南派スパイ(北朝鮮から韓国に送られたスパイ)が民主化運動を主導する』『学生運動を先導した特定の人物をキャラクターに反映した』『安企部を美化する』などは、『雪降華』が盛り込んでいる内容と異なるだけでなく、制作の意図とも全く関係ありません」と説明。

最後に「JTBCは現在続いている議論が『雪降華』の内容や制作意図とは無関係であるという事実をはっきりさせたい。また、公開されていないドラマに対する無分別な非難をご遠慮ください」と自制を求めています。

最近、SBSドラマ「朝鮮駆魔師」が歴史歪曲問題により放送開始1週間で中止に追い込まれました。こうした中、現在制作中の「雪降花」にも歪曲を懸念する声が寄せられ、オンラインコミュニティ上で議論になっていました。

「雪降花」は、民主化運動が盛んだった1987年のソウルを舞台にしたドラマ。ある日突然女子寮に血まみれになって飛び込んできた名門大学生スホ(チョン・ヘイン)と、厳しい監視と危機の中でも治療する女子大生ヨンチョ(ジス)の時代に逆らう切ない恋が描かれます。今年JTBCで放送される予定です。(「空気読んで」BlackPinkジス「雪降花」現場写真アップ→失望の声)





guest
3 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る