in

「ビックヒットの名前では限界..」ハイブ(HYBE)、ブランド発表会開催

ハイブ


ビッグヒット・エンターテインメントが19日、ブランド発表会をYouTubeを通じて開催。新会社名「HYBE」, 新しい組織構造などを発表しました。

社名変更について、パン・シヒョク議長は「私たちはもっと広い意味でエンターテインメントの領域を理解し、多様な事業を展開している」「ビックヒットエンターテインメントという名前では限界があると思った。すべての事業を通じて連結するために新しい使命が必要だと思った」と説明。

ビッグヒットは「BTS事務所」のイメージが強かったため、今回の社名変更を通じて、エンターテインメント分野全般にわたるプラットフォーム企業への脱皮を印象づけたい考えです。

「ビッグヒットが無くなるのかという声もある。組織構造はどう変わるのか」という質問に、パン・シヒョク議長は「ビッグヒットが入るより大きな器ができたと思えばいい。ビッグヒット・ミュージックという1つのレーベルで今のアイデンティティを受け継ぐだろう」と答えました。

ビッグヒットはレーベル, ソリューション, プラットフォームの3つの部門を軸とした組織構造を通じて、持続的に事業モデルを革新し、拡張する体系を完成するという計画も明らかにました。

レーベル領域には、ビッグヒット・ミュージック, ビリーフラボ, ソースミュージック, プレディス・エンターテインメント, KOZエンターテインメント, HYBEレーベルズジャパンが含まれます。各レーベルは独立性と独創性を維持するとのこと。

ビッグヒットは今月30日に開かれる定期株主総会で商号変更を決議します。





guest
3 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る