in

元APRILヒョンジュ「いじめ脱退」説に、事務所「加害者と被害者…分けられない」

イ・ヒョンジュ


APRIL(エイプリル)の元メンバー「イ・ヒョンジュ」がいじめでグループを脱退したとの暴露について、事務所が立場を発表しました。

DSPメディアは3月1日、報道資料を通じて「当時は、加害者と被害者に分けられない状況だっだ」と明らかにしました。

DSPメディア

「ヒョンジュは演技者として当社の練習生として入社した」「APRIL構成当時のヒョンジュは、役者を希望したが、説得過程を経て、本人・家族の合意の上でグループに加わることになった」

「しかし、本人の体力的・精神的な問題でグループ活動に誠実に参加できないなど困難を経験した。当時、ヒョンジュだけでなく、これによって誘発された葛藤により、他のメンバーたちも被害を受けてきた。みんなが大変な時間を送りながら苦痛を訴えてきた」

「当時の状況や状況判断では、誰を加害者, 誰を被害者と分けられない状況であることは明らかだと判断した」

「結局、ヒョンジュは『ティンカーベル』の活動当時、本人が脱退の意思を表明した。当社は引き止めたが、本人の意思が頑固で脱退を決めることになった。その後、当社はヒョンジュが望んだ演技者の活動、アイドル活動に対して積極的な支援をした」

「未確認の事実や噂の拡大再生産は控えてください」

28日、ヒョンジュの実弟と名乗る人物による暴露文がオンラインコミュニティに掲載されました。

そこには「姉はいじめが原因でAPRILを脱退した」「姉は演技をしたいから脱退したと知られているが、それは事実ではない。姉はグループ内で大きないじめにあって、そのことでパニック障害と呼吸困難などとても大変だった」といった内容が書かれていました。(元APRIL「ヒョンジュ」”いじめ”で脱退? 弟(?)が暴露文)





guest
16 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る