in

「2020 MAMA」待遇差別、CJENM釈明「防疫規則遵守のため」

2020mama


12月6日に開催された音楽授賞式「2020 MAMA」。主役である歌手と授賞者を務めた俳優陣の間に「待遇格差」があったとする指摘について、関係者が釈明しました。

6日、坡州にあるコンテンツワールドにて「2020MAMA」が開催されました。授賞式は、新種のコロナウイルスの拡散防止のため、「無観客の非対面」オンラインで生中継されました。

同日、現場には受賞者として参加した歌手と、プレゼンター役を務めた俳優が出席。そんな中、歌手たちは、控え室を提供されず、それぞれの車に乗って駐車場で待機している様子がファンのカメラなどに捉えられていました。

一方、俳優たちには建物内の個人控え室が提供され、ケータリングも提供されていました。これについて、オンラインコミュニティを中心に「待遇格差」を指摘する声があがっていました。(「歌手は駐車場で待機」”2020 MAMA”に待遇格差「俳優は個人室でケータリングまで」)

(駐車場で待機中の歌手)

(俳優陣)


CJENM関係者は8日、「新種コロナウイルスの防疫規則が最も大きな理由。”社会的距離2段階(6日現在)”で、一つの空間に100人以上居られなかった」とし、「坡州コンテンツワールドには『MAMA』が行われた2つの建物の他に、完成した建物がないので、待合室が不足していた」と説明。

この関係者は「歌手の方々は、すでにステージを事前収録方式で行っていたので、授賞式当日にはリハーサルをしなくてもよかった。しかし、授賞者として出席した俳優たちは、リハーサルと台本リーディングなどの事前準備が必要だった」

続けて「歌手の方々には、このような状況を事前に説明し了解を求めた。このため、歌手の方々は各自車で待機。順番が来ると建物の中に入り、いくつかの仮楽屋に入り舞台に上がった」と説明しました。

また、俳優陣らにだけ提供されたとされるケータリングについて、「ケータリングは全ての歌手と俳優に公平に提供された」とし、「歌手には車両と臨時待機室で提供された」と述べ、「待遇格差」はなかったとの立場を明らかにしました。





guest
6 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る