in

EXOカイ、生配信で号泣 – ファンのメッセージに感極まる


EXOカイが30日17時より、ソロデビューを記念するVlive配信「KAI:THE OPENING LIVE」を実施。その中で、ファンの応援メッセージを読みながら、声を上げて涙を流しました。


同日、収録曲の紹介やアルバムの準備エピソード、近況トークなどを語っていたカイ。配信の最後で、ファンが送った応援メッセージを読むことに。

ファンは「カイの新しいスタートを共にできて嬉しい」とし、「カイのことを好きになって8年という時間の間、私は学生から立派な会社員になった。カイはその時も今も本当に格好いい。今までもこれからもいつも応援する」という言葉を伝えました。

この文章を呼んでいたカイは「ありがとうございます」と言った後、涙をこらえるように静止。ティッシュを受け取った後、カイは「私もデビューした時、学生だった。ところが、いつの間にかソロアルバムも出た。そして長い時間、皆さんと一緒に過ごせて幸せだ」と述べました。

なんとか涙をこらえようと努めていたカイでしたが、次のファンの応援メッセージを見てどっと涙を流しました。そのメッセージは次のようなもの。

「私は高校3年生ですが、最近一番幸せだった瞬間はオッパが『私は一人で暮らす』に出た時だ。それを1時間見ようと前日に勉強をたくさんした。大学入試前にオッパの歌が出たから、試験を受ける直前まで歌を聴いてると勉強もうまくいきそうだ」

「勉強でストレスを受けても、オッパの映像を見れば、すぐほぐれる。受験生活にオッパのような存在があって幸いだと思う。オッパにとってもEXO-Lがそんな存在だったらいい。ソロアルバム、必ず大ヒットしてください。時間があれば”大学入試がんばって”と言ってください」


涙を流しながらカイは要請通り「大学入試がんばって」と言い、「90万人が見ているのに、どうしよう。鼻水が出る。みんなありがとう」と感謝の気持ちを伝えていました。

カイの泣きっぷりを見たネットユーザーからは「私も涙が出る」「カイ、あんな性格だったんだ」「感動的」といった反応が寄せられています。

カイは同日18時、ソロデビュー・アルバム「KAI (开)」とタイトル曲「Mmmh」をリリースしました。





guest
2 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る