in

「権威のない授賞式」”2020 AAA”大賞受賞者に疑問の声


音楽授賞式「2020アジア・アーティスト・アワード(2020 AAA)」が28日放送。大賞受賞者を見た韓国ネットユーザーからは「権威の無い授賞式」とあきれた声があがっています。

今年、大賞に設定されたのは「今年の歌賞」「今年のアルバム賞」「今年の歌手賞」「今年のステージ賞」「今年のパフォーマンス賞」「今年のトロット賞」の6つの部門。受賞者は以下の通り。

▲今年の歌:BTS -ダイナマイト
▲今年のアルバム:NCT
▲今年のパフォーマンス:GOT7
▲今年のステージ:MONSTA X
▲今年の歌手:TWICE
▲今年のトロット:イム・ヨンウン

大賞発表後、その数の多さに対して、韓国オンラインコミュニィでは「権威も常識もない授賞式」「根拠のない授賞式」といった厳しい声が聞かれています。また、受賞者については「バンタンとイム・ヨンウンだけは認める」「ブルピン, Seventeenは?」との声も。

「AAA」の受賞者をめぐっては、毎年疑問の声があがっており、授賞式ではなくただの”お祭り”と捉える向きが多いようです。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「最初と最後だけ認める」
▼「全部大賞?」
▼「大賞多すぎ」
▼「これ出た人だけあげるの?」
▼「授賞式は無理に配るほど権威が落ちるということをどうして分からないのか」
▼「パーティーだ。みんな楽しめ」
▼「ブルピン, Seventeenは?」
▼「今年も斬新な賞名をたくさん見たよ。根拠のない授賞式」
▼「本当に根拠もなく権威も常識もない授賞式」
▼「参加賞だ」
▼「”今年の歌手”にTWICE(笑)」
▼「バンタンとイム・ヨンウンだけ認める」
▼「アルバムを一番たくさん売ったのは、BTSじゃない? なんでNCT? TWICE? ブルピンがいるんだけど?」
▼「今年はTWICEも気後れすると思う」
▼「TWICE、メロンTOP10にも入らない成績なのに」
▼「GOT7? Monsta X?」





guest
5 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る