in

NU’ESTベクホ側「”プデュ”自主降板は事実無根…被害明らかになって良かった」

ベクホ


NU’ESTメンバーのベクホ(カン・ドンホ)がMnet「プロデュース101」シーズン2操作で被害を受けた練習生であることが明らかになり、所属事務所が立場を発表しました。

プレディス・エンターテインメントの関係者は18日、「ベクホが被害を受けた事実が遅ればせながら明らかになり幸いだと思う。今後の措置も引き続き見守る予定」と伝えました。

また「自ら降板を求めた」との噂について、「自主降板の議論は事実ではない」とし否定した上で、「CJ側からまだ補償に関する連絡を受けていない」としています。

同日午前、ソウル高等裁判所で行われた「プロデュース101」スタッフに対する公判で、裁判所は順位操作によって被害を受けた練習生リストを公開しました。カン・ドンホは4次投票の結果操作で脱落したことが明らかになりました。(「プデュ」操作被害の練習生公開 – イ・カウン, ハン・チョウォン, ベクホ, イ・ジニョク, グクホン….)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る