in

BTSドラマ「ユース」、実名使用+刺激的設定…イメージ悪化を懸念する声


BTS(防弾少年団)の世界観を描いたドラマ「ユース(YOUTH)」のキャラクター設定が公開され、ファンから懸念の声があがっています。

19日午前、ドラマ制作会社Chorokbaem(チョロクベム)が配布した報道資料によると、「ユース」のキャラクター名にはメンバーの実名がそのまま使用されます。しかし、キャラクターの設定・背景が、メンバーの実際のそれとかけ離れた刺激的なものとなっており、イメージ悪化を懸念する声が噴出。

例えば、ミン・ユンギ(シュガ)は母親を殺害し家に火をつけたという噂に包まれた少年。チョン・ホソク(J-HOPE)は幼い頃遊園地に捨てられた痛みを持つ少年。キム・テヒョン(V)は酔っぱらいの父と暮らす傷だらけの危なっかしい少年….といったように劇中で描かれます。

殺人や放火, 家庭内暴力は、ドラマでたびたび使われる刺激的な素材ですが、BTSメンバーの実際の子供時代とは無縁のものばかり。実名が使われていることで「ファンではない大衆は実際のメンバーたちの話だと誤解するかもしれない」といった心配する声があがっています。

これについて、制作会社側は「BU(BTS Universe)は実際のアーティストとは関係のない世界観」と強調し、「BUの基本設定を基にドラマジャンルの特性に合わせて変更した」と説明。また、設定ではなく、その後の成長ストーリーに注目するよう求めています。

ドラマ「ユース(YOUTH)」には、BTSのメンバー役でソ・ジフン, ノ・ジョンヒョン, アン・ジホ, ソ・ヨンジュ, キム・ユンウ, チョン・ウジン, チョン・ジンソの出演が決定。放送は2021年中を予定しています。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る