in

BTS「ヴァンフリート賞」朝鮮戦争スピーチ→ 中国から批判の声「中国軍無視」

bts


BTS(防弾少年団)の朝鮮戦争に関するスピーチに、中国で反発の声があがっているといます。

BTSは10月7日(現地時間)に「2020ヴァン・フリート賞」を受賞しました。「ヴァン・フリート賞」はコリア・ソサエティー(米韓両国間の理解と協力増進のための非営利団体)が、朝鮮戦争に米第8軍司令官として参戦したジェームズ・ヴァン・フリート将軍を称えて1992年に制定した賞。毎年米韓関係に貢献した人物や団体に贈られています。

オンラインで行われた授賞式にて、BTSは朝鮮戦争70周年に当たる年に開かれた本イベントの意義を伝え「韓国とアメリカが交わした苦痛の歴史、多くの方々の犠牲を忘れない」と述べました。

これに、一部中国ネットユーザーや環球時報など現地メディアからは「朝鮮戦争当時の中国軍人の犠牲を無視したもの」と否定的な反応が出ているといいます。一部の中国語放送では、BTSの受賞感想を誤訳して論難に火をつけています。(BTSジミン、「Filter」舞台初公開→熱い反応「芸術だ」)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る