in

BlackPinkリサの「Lovesick Girls」MV相手役「loren」に関心 – 父親は”ネイバー”創業者?


BlackPink(ブラックピンク)の新曲「Lovesick Girls」のMVが10月2日公開。その中でリサの相手役を演じる男性が注目されています。


「Lovesick Girls」は、愛に傷つき苦しみながらも、また愛を求めていくことを歌った曲。MVでは傷ついた女性を演じるメンバー4人の演技もさることながら、メンバーの相手役として出演する男性にファンの関心が集まっています。


男性の顔はMVでは一部しか確認できませんが、ファンは首のタトゥーなどから男性の身元を特定。ファンの情報によると、男性の名前は「LØREN」, 本名は「イ・スンジュ」。YG傘下のThe Black Labelに所属するDJ兼プロデューサー。アルバムのトラックリストによると、タイトル曲「Lovesick Girls」と収録曲「Pretty Savage」の作詞にも参加しています。


「LØREN」は、今年5月にわれたロゼの配信ライブにも登場し、ギター伴奏役を務めていました。Instagramには、リサと撮った写真やBlackPinkのポスターが掲載されており、メンバー達との関係は近いようです。





また、家族について、父親はNAVER創業者イ・ヘジン会長だといいます。NAVER社は2017年にYGに1,000億ウォン規模の投資を行っています。「LØREN」はその頃から、BIGBANGのメンバーと近くなり、G-DRAGONのアルバム収録曲の作曲に参加。また、テヤンの香港でのイベントにも出席しています。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る