in

今月の少女側「カムバック揺らぐことなく準備中」- 投資金返還控訴棄却を受けて


「今月の少女」側が起こした35億ウォン投資金訴訟の控訴が棄却された中、「揺らぐことなく活動を続ける」との立場が発表されました。

ソウル高等裁判所は最近、「今月の少女」所属事務所ブロックベリー・クリエイティブと親会社ポラリスが提起した投資資金訴訟の控訴審で、1審の判決を確定しました。これを受け、「今月の少女」側は、投資会社であるDonutsに35億ウォンを全額返還しなければなりません。

ブロックベリー・クリエイティブの2大株主のDonutsは、ブロックベリー・クリエイティブを相手取り35億ウォン相当の投資返還訴訟を提起していました。Donuts側は親会社ポラリスに35億ウォンを投資したが、事業関連約定契約を履行しなかったと主張しています。

裁判所の決定を受けて、ブロックベリー・クリエイティブは「現在準備中の今月の少女のカムバックと活動のために最善の努力を尽くしており、揺らぐことなく進めている」と明らかにしました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る