in

パク・ジニョン「NiziUはJYP所属歌手」- K-POPノウハウ流出議論に


JYPエンタの創業者パク・ジニョンが12日に放送されたMBC「ラジオスター」に出演し、「NiziU」をめぐる議論に言及しました。

最近、JYPエンターテインメントはSM, YGを抜いて時価総額で業界1位に。株価上昇の要因は、「Nizi Project(虹プロジェクト)」から誕生したNiziUへの期待。6月30日にリリースされたプレデビュー・アルバムは、オリコン・チャートで1位を獲得するなど、日本で熱い反響を受けています。

パク・ジニョンは「正直、恐怖心が先に立つ。ゆっくり慎重に成長してほしいけど、あまりにも早く成長したようだ。ビッグヒットもあり、SMのような大手芸能事務所もあるけど、私たちが現在1位」-

続けて、「NiziUのおかげで時価総額が上がった」とし、「10年前に計画を立てた。韓国人だけの歌手をローンチし、外国人と混ざり合った歌手をローンチし、外国人歌手をローンチする計画だ」と説明。





また、J-POPガールズグループ「NiziU」公開後、K-POPノウハウ流出を懸念する声が一部で挙がっていました。

これについて、パク・ジニョンは「少し戸惑ったのは、外国人歌手は合ってますが、”NiziU”9人とも弊社と契約している歌手だ。外国歌手にノウハウを伝授して利益を得るのではなく、私たちの歌手」と話しました。

続けて、「”韓国の会社は韓国人だけで構成されたグループ”、”韓国人が50%のグループだけにしなさい”…それでは成長に限界がある。大企画会社の時価総額を合わせても米メジャーレコード会社の10分の1にも満たない。ここで世界的な会社が誕生するには、日本, メキシコ, 米国で発売しなければならない。世界的に人気のある歌手が出てきたが、世界市場ではごく一部」と説明しました。

NiziUは現在、韓国に滞在しデビューを準備中。正式デビューは11月を予定。(IZOne宮脇咲良「NiziU”縄跳びダンス”、メンバーもハマっている」)

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments