ハン・ソヒ、再び麻薬陽性反応「執行猶予取り消し申請」

ハンソヒ


元アイドル練習生のハン・ソヒが、7月8日に行われた抜き打ち尿検査で、麻薬陽性反応が検出されたといいます。

ハン・ソヒは現在も執行猶予期間中だといいます。ハン・ソヒは2016年、「BIGBANG」のメンバーTOPと共にマリファナを使用した疑いで起訴。その後、2017年に懲役3年と執行猶予4年の判決を受けています。





関係者は「麻薬関連で執行猶予判決を受けた者に対しては、抜き打ちの麻薬検査を行うことができる。また、抜き打ち検査で麻薬成分陽性反応が出れば検察の捜査も不可避だ」「ハン・ソヒの場合、刑の執行が猶予された懲役3年の実刑を受ける可能性もある」と明らかにしました。

また、関係者は「保護観察所から裁判所にハン・ソヒの麻薬容疑執行猶予判決の取り消し申請をした状態で、ハン·ソヒは現在、関連施設で待機中」「裁判所の決定によって措置が取られるようになる」と説明しています。

ハン・ソヒは先月、ヤン・ヒョンソクYG元代表とiKON元メンバーB.I(キム・ハンビン)が絡む”麻薬捜査もみ消し疑惑事件”の聴取を受けるため、ソウル中央地方検察庁に出頭し、聴取を受けていました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments