in

IZOne宮脇咲良、”幻想童話”ダンスブレイク担当 – “上達ぶり”韓国でトレンド入り


IZOne(アイズワン)宮脇咲良のダンス上達ぶりが話題に。韓国オンライン・コミュニティで、トレンド入りしています。


6月15日、3rdミニアルバム「Oneiric Diary(幻想日記)」をリリースしカムバックしたIZOne。メンバーの宮脇咲良は、そのタイトル曲”幻想童話“で、グループのメインダンサーイ・チェヨンらと共にダンスブレイクを担当。

カムバック当日、そのパフォーマンス映像が公開されると、ダンス上達ぶりが話題に。韓国オンライン・コミュニティでは、2つの投稿がトレンド(HOT)入りしました。





ダンスブレイクは通常、グループ内でダンスが上手なメンバーが担当します。曲のクライマックス前に登場することが多く、ダンスメンバーにとっての一番の見せ場。

プロデュース48“時代の宮脇咲良を知っている投稿主は「プデュ48で”おたまじゃくし”ダンスしていた子が、ダンスブレイク組に」と感慨深げに書き込んでいます。





宮脇咲良は、最近放送されたカムバックショーの中で「ダンスが上手じゃないのに、ダンスブレイクに含まれた」「チェヨンがメールで”本当に上手”と言ってくれた。そう言ってくれたのが初めてで、嬉しくて本当に頑張らなきゃと思った」と話しています。

[コメント欄には…]

「トレーニング+意欲+努力」
「わあ、かなり上達した」
「(日本では)成長型アイドルだったけど、本当に成長してしまった」
「日本アイドル特有の鼻声も消えたようだ」
「ファンたちは嬉しいだろう」
「ㅠㅠㅠクラ」
「すごく伸びた。細い体にパワーが感じられる。本当に努力の勝利。」
「クチェン(咲良+チェヨン)感動」
「本当に見ながらめっちゃ驚いた。咲良がダンスブレイク組にㅠㅠ
日本アイドル時代から見てきたんだけど、ダンスすごく上達して本当にびっくりしたTT」
「韓国語もすごく上手で、ダンスも本当に上手になった」




(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る