in

Seventeenデビュー5周年に寄付 – 児童支援

seventeen


Seventeen(セブンティーン)がデビュー記念日に、寄付をしています。

5月26日にデビュー5周年を迎えたSeventeenは、ファンからもらった特別な愛に応えようと寄付を行いました。

グループは、デビュー5周年をさらに意味深く記念するため、夢に向かって挑戦する若者たちを応援する趣旨で希望的なメッセージを込め、多くの夢見る社会的弱者層の児童・青少年のために寄付を実施。

寄付金は、Naverハッピービーンを通じて、”韓国多文化青少年協会”, “Angelshaven”, “恩平幸福な地域児童センター”で、児童・青少年対象の教育を支援し、多文化家庭児童の学習メンタリング支援, 奨学金支援, 文化芸術教育支援などに幅広く活用される予定。

Seventeenは「5月26日は私たちにとってとても意味深い日ですが、5年という間CARATと奇跡のような時間を過ごしているだけに、 ファンの方々からもらった愛と共に私たちの心を集めて夢を向かって挑戦する人たちが多くなるように分けたいです」と伝えています。

Seventeenはこれまでにもデビュー記念日に寄付を行っています。デビュー3周年には”恩平幸福な地域児童センター”、4周年には”緑の傘子ども財団”を通じて寄付をしていました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments