IZOne側「悪質コメント告訴……強硬な法的措置」

アイズワン


IZOne(アイズワン)の事務所が、悪質コメント投稿者を告訴しました。

IZOneのマネイジメントを担当するOff The Recordとスイング・エンタは5月25日、公式ファンカフェを通じて、「当社は昨年11月、IZOneのメンバーを対象とした侮辱的な誹謗掲示物の作成者, 虚偽事実を流布した者を情報通信網法違反(名誉毀損)および侮辱罪の疑いで1次告訴した」と明らかにしました。





IZOne側は「メンバーたちが受けた精神的衝撃, 萎縮した心理状態等を考慮し、特に報道せず、静かに告訴を行ったが、悪質な書き込みの実態はまだ看過できないほど深刻な状況」「当社は、アーティストの保護と悪質な書き込み根絶のために、より強力な法的対応を行うことをお知らせする。独自モニタリング、ファン連合の情報提供などを集めて悪質コメントを2次追加告訴する予定」。

続けて、「アーティストの名誉を傷つける悪質な誹謗掲示物およびい虚偽事実の流布などについても少しの善処や合意なく、強硬な法的措置を取る計画」と伝えています。

IZOneは2018年に放送されたMnet「プロデュース48」から誕生したプロジェクトグループ。6月15日に、3枚目のミニアルバムをリリースします。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments