ガビン姉、ビッグバンTOPとの熱愛説を否定

top,ガビン


BIGBANG(ビッグバン)のTOPとの熱愛説が出ている新人女優キム・ガビン。その実姉とみられる人物が5月21日、Instagramを通じて、2人の熱愛説を否定しました。

TOPガビンは、それぞれのSNSに、同時期に同じような場所で撮影した写真をアップし、熱愛疑惑の根拠となっていました。その事について、この人物は「(妹の写真は)家族旅行に行って私が撮ってあげた」とし、姉妹の姿が写った写真を公開。写真には「2019年8月2日」と日付が書かれています。





また、2人が同じ柄のパジャマを着ていた件については、「パジャマはビーナスに買いに一緒に行った」「人気のパジャマだよ」と説明しています。





ガビンの姉とみられる人物は「TOPファンの方々、ビーナスに行って同じものを買ってきてほしい」「カード領収証でも取ってあげようか」「パジャマを買う時、誰が着たのか探して買わなければならないのか」と書き込んでいます。

これに先立ち、オンライン掲示板では2人の熱愛説が浮上。それぞれのSNSには、同じような場所で撮影された写真, 同じパジャマが登場。さらに、2人が仲良く肩を組んでいる写真も公開されていました。





TOPが所属するYGエンターテインメントは20日、「プライベートな事なので、確認するのが難しい」。ガビンの事務所SMC&Cも「お問い合わせいただいた内容の確認は難しい」とのコメントを発表。

キム・ガビンは1997年生まれの新人女優。昨年8月に放送されたMnet恋愛バラエティ番組”ラブキャッチャー2″に出演し、注目されました。その後、同年11月、SMC&Cと専属契約を結び、女優に転身。翰林芸術高校, 誠信女子大学出身。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です