ギョルギョン、プレディスとの対立に「是非を論争したくない」


ギョルギョンが、所属事務所プレディスとの対立についてメッセージを投稿しています。

IOI, Pristin出身のギョルギョンは3月25日、ウェイボーを通じて「協力過程で深刻な問題が生じ、自分のキャリアを熟考した末、2019年9月10日、弁護士を通じてプレディスと星灿盛世(中国のマネイジメント会社)に書面で解決を提案した」と明らかにしました。





続けて、「すべての是非を論争したくない。私にできることは全てのことを一生懸命にし自ら成長し、皆様に良い作品をお見せして私を愛し信頼する人々を見捨てないことだけ」と伝えています。

同日、プレディス・エンターテイメントは「ギョルギョンは、プレディスを排除したまま、独自に中国で活発な活動を行っている」「2月19日、”専属契約効力確認”の訴えをソウル中央地方裁判所に提起した」と法的対応に乗り出したことを明らかにしていました。

プレディス「ギョルギョン独自活動…専属契約違反、訴訟提起」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です