故コ・スジョン側関係者「脳腫瘍で闘病していた」


25歳で死去した若手女優コ・スジョンは、脳腫瘍を患っていたといいます。

OSENによると、コ・スジョン側関係者はファンの質問に答える形で「脳腫瘍で闘病していた」と明かしたといいます。

故人について、所属事務所は「誰よりも純粋で綺麗な心を持った輝く人だった」「明るい笑顔で世界を照らしていたコ・スジョンを私たちは永遠に記憶する」と哀悼の意を伝えています。

コ・スジョンは2016年、tvNの大ヒットドラマ「トッケビ」でデビュー。以後、JTBC「ソロモンの偽証」やBTSの”WITH SEOUL”のMVに出演していました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です