物議醸した2016アユクデ投票 – “ゴールで待ってほしいアイドル”


2016年”アユクデ”の投票が再注目されています。

あるK-popファンは24日、韓国オンライン・コミュニティに「アイドルスポーツ選手権(アユクデ)史上最も挑発的だった出来事」とし、2016年の放送で発表された投票について書き込みました。





投稿者によると、質問は「フィニッシュラインで、私を待っていてほしいアイドル」だったとし、投票は「女ドルが男ドルを選び、男ドルが女ドルを選ぶ投票形式だった」といいます。

投票の結果、1位となったのはサナ(TWICE)とジミン(BTS)。


投稿者は、当時を振り返り「当時、すごい大騒ぎだった。(ファンの)激しい抗議のため、この投票は一度限りですぐ廃止された」と書き込んでいます。

[コメント欄には…]

「えー無くさないで…アイドルファンじゃないけど、面白いし知りたい」
「本当にTMIだけど。質問は、フィニッシュ・ラインに関することだけど、事実上、関心や好感をもっている異性を聞いてる。ファンは嫌だろうね」
「(今年2月の記事を引用し)アイドルたちが選んだ仲良くなりたい男女アイドルは、今年も一緒」

([アイドル・アンケート2] バンタン・TWICE、男/女友達にしたいアイドル1位)




「ジミンが1位? ちょっと意外」
「BTSとTWICEは、アイドルの間でも人気だね」
「サナは男に、モテモテ」
「サナ嫌いな男を見たことない」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です