IZOneファン連合、声明発表「12人の活動を支持する」

アイズワン


IZOne(アイズワン)ファン連合は11月13日、声明文を通じて「私達は、IZOne12人の活動を強く支持する」との考えを示しました。

ファン連合側は「”プロデュース”関連の不祥事で、警察捜査が進行中。この影響でIZOneの活動が暫定的に中断された状態」とし、「事件そのものよりも活動に制約が生じたアーティストに重点を置いた記事が集中的に報道されている。一部では事実関係が確認されていない報道も行われている」

続けて、「記事に接したオンライン・コミュニティの一部ユーザーは、アーティストに無分別な非難やセクハラ、グループの解散まで要求している状況」と伝えました。

IZOne宮脇咲良「今回のアルバム”Bloom*IZ”は特別」….発売延期前のインタビュー公開





ファン連合側は「これ以上新たな傷が生まれることを望まない。類似事件による被害者が二度と発生しないよう、公式の捜査結果に基づいてこのことを判断してほしい」「今回の出来事がその場限りにとどまらず、関連する問題点の改善を通じて、このような事件の再発を防ぐ契機になってほしい」。

最後に、ファン連合側は「私たちIZOneファン連合一同は、IZOne12人の活動を強く支持する」と伝えています。

アイズワン





最近、”プロデュース48″を統括していたアンPDが「投票操作を認めた」と伝わり、そのデビュー組であるIZOneが影響を受け活動に赤信号が灯っています。

11日に予定されていた初のフルアルバム発売が延期され、出演番組も大幅にカットされるなどしています。

(ソース:1)







1個のコメント 

  1. 多分わかってはいると思うが

    不正操作で加入したメンバーの公表は絶対にしてはいけません。大人の事情に振り回されただけで本人たちには一切非はないのですから。もしすれば、アイドルとしてだけでなく1人の人間として、これからの人生、常に負のイメージがついて回ります。

    7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です