X1、CJ ENMとまだ契約していない..関係者「”プデュX”捜査を見守るため」

x1


X1はCJ ENM側と契約をまだ結んでいない”と報じられています。

イルガン・スポーツは11月7日、「Mnetアン・ジュンヨンPDが”プロデュース48″と”プロデュースX101″の操作疑惑を認めた中、渦中にあるグループX1がまだCJENMとの契約書にサインしていない状況にあることが確認された」と報じました。

SBS「アンPD、プデュX101とProduce48順位操作認める」





今年7月に放送が終了したMnet「プロデュースX101」から誕生したX1は、8月27日にデビュー・アルバムをリリース。放送終了直後から、ランキング操作疑惑が提起されていましたが、当時Mnetはこれを否定し、CJ ENMはX1のデビューを強行しました。

X1は”プロデュース”シリーズ史上最長となる5年間活動する条件でしたが、デビューアルバムを出して活動を始めるまで、契約を交わさなかったといいます。また、現在も契約は結ばれていない状態といいます。

x1





関係者は「”操作疑惑”の捜査が進められ、広告(契約)が取り消され、(Mnet以外の)他のテレビ局出演も容易ではない中、一部のX1メンバーの所属事務所から捜査結果を見守った後、契約をしたいとの意見が出た」、「IZOneの場合もデビュー後約6ヵ月経過した時点で全員契約をした。(だから)CJENMはX1が契約書に署名せずに、活動をスタートさせたことにあまりこだわらなかった」と伝えています。

ある音楽業界関係者は「各所属会社とメンバーたちは、5年間のX1活動だけでなく、その後の活動まで見通して心配をしている」、「CJ側との契約書がまだないことは、不幸中の幸い。しかし、CJENMはX1の5年間活動の売上を見ている」とし、X1を簡単に放棄できない状況といいます。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です