Monsta X側、ウォノ&ミニョクのMeTooジョークを謝罪


スターシップ・エンターテインメントが10月26日、Monsta Xメンバーの行動について、謝罪文を掲載しました。

同日、ウォノとミニョクが登場するMonsta Xファンサイン会で撮られた映像が、SNSやオンライン・コミュニティに投稿されました。





映像には、ミニョクウォノの胸にインタビューするようにマイクを当て、ウォノは「ミートゥー、ミートゥー」と答える様子が映っています。

映像を見たファンからは、MeToo運動を馬鹿にしたとして、批判の声が挙がっていました。

2人が所属するスターシップは「今年初めのファンサイン会やこれまでの活動中に、全く意図はなかったが、誤解の余地が十分あり得る行動と発言により、不便さを感じた全ての方々とファンの皆様に心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

続けて「”スターシップ”と”Monsta X”のメンバーたちは、これまで指摘された問題点を認知し、持続的に共に悩んできた」「今回のことを通じて、慎重でなかったこれまでの言動を深く反省し、傷つけた全ての方々とファンの皆様に改めてお詫び申し上げます」

最後に、「”スターシップ”と”Monsta X”はより努力する姿勢で、ファンの方々と社会の助言に耳を傾け、不足している点を学び続けていきます」と伝えています。

(ソース:1, 2)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です