“PD手帳”、プデュX特集を予告「偽オーディションの真実公開へ」


MBCの調査番組「PD手帳」が、”プロデュースX101″の真実究明特集の予告映像を公開しました。





映像には、「私たちはこんな話を聞いた。ミッションをあらかじめ知っていた。すでに決まっていた。不公正な競争」、さらに「悪魔の編集」「投票結果の操作」「国民プロデューサー様、偽オーディションの真実が公開される」などの文字がX1のシルエットと共に登場しています。

“プロデュースX101″の投票には、同じ票差が繰り返されるなどの理由で”票操作疑惑”が持ち上がっています。

当初、Mnet側は「集計および伝達する過程でミスがあった」「実際の順位には影響はない」と釈明していましたが、波紋が広がると、警察に捜査を依頼。

警察は10月1日、関係事務所の家宅捜索を実施。また同日、CBSノーカットニュースは「警察は、”プデュX”デビュー組(X1)11人のうち、一部の練習生の最終得票数が実際には、脱落組だった事実を把握した」「脱落組からデビュー組に順位が入れ替わった練習生は、2~3人いる」とも報じています。

「PD手帳」”プロデュースX101″特集は、10月15日23時5分より放送されます。





1個のコメント 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です