ライ・グァンリン父「”キューブ問題”整理中…より良い環境望む」

ライグァンリン


Wanna One出身ライ・グァンリンが所属会社Cubeに専属契約の解約を要請する中、グァンリンの父親が中国メディアに口を開きました。

ライ・グァンリンの父親は20日(現地時間)、中国メディアに「ライ・グァンリンとキューブの間の問題を整理中」とし、「私たちはこれまでのキューブの支援に感謝するが、協力過程で色々な状況が発生した。原則的な問題を含め息子の健康にまで影響を与えた。父親として、子供が良い環境で働いてほしい」と語ったといいます。

ワナワン





ライ・グァンリンはWanna Oneの活動終了後、所属事務所キューブに戻り、ウソク(Pentagon)とのユニット曲発売や中国でドラマ出演するなど活動。

ところが最近、ライ・グァンリンCubeエンターテインメントに専属契約の解約を要請したと報じられていました。

これに対し、Cube側は「当社とライ・グァンリン間には、いかなる専属契約上の解約事由も発生していない。現在、法務法人の代理権および通知された内容について真偽を把握中である」との立場を明らかにしています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です