“執行猶予”ファン・ハナ、釈放「過去と断絶, 反省し生きる」

ファンハナ


“麻薬使用”の疑いで拘束起訴されたファン・ハナが、執行猶予判決を受け釈放されました。

水原地方裁判所は19日、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで起訴されたファン・ハナに対して、懲役1年, 執行猶予2年, 追徴金220万560ウォン, 保護観察40時間, 薬物治療を言い渡しました

105日ぶりに釈放されたファン・ハナは、報道陣に「過去とは断絶し反省しながら生きて行く。これまで私のせいで苦労した方々に感謝する。2度と過ちを犯さない、善行をしながら生きる」と述べています。

ファンハナ





ファン・ハナは2015年に、ソウル龍山区の自宅などでヒロポンを3回にわたり使用した疑い, 2018年4月に向精神性医薬品を違法服用した疑い, 今年2~3月に元彼氏パク・ユチョンと共にヒロポン1.5gを3回にわたって購入し、その一部を6回にわたって使用した疑いを受けています。

パク・ユチョンは最近、懲役10ヵ月, 執行猶予2年, 追徴金140万ウォンの判決を言い渡されています。

ファンハナ

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です