in

元SMエンタ役員ミン・ヒジン氏、BTS事務所のブランド責任者に就任

ミンヒジン


SMエンタ元役員ミン・ヒジン氏が、BTSが所属するBigHitの最高ブランド統括責任者(Chief Brand Officer, CBO)に就任しています。

ビッグヒット・エンターテインメントは7月1日、「ミン・ヒジン元SMエンターテインメント・クリエイティブディレクター兼登記取締役が、本日からBigHitに合流する」と明らかにしました。

ビッグヒット・エンターテインメント





ミン・ヒジン氏は、BigHitのブランディングを統括し、同社のアイデンティティの確立を先導すると共に、新しいガールズグループのローンチングを主導するといいます。また、同氏は新規レーベルを設立し、新人発掘及び音楽制作に努めるといいます。

パン・シヒョク代表は「ミン・ヒジン新CBOはエンターテインメント業界関係者なら誰でも知っているように、K-POPに”ビジュアルディレクター”と”企画者”という概念を定着させたリーダーのリーダー」とし、「CBOが持っているブランディングに対する卓越した識見は、現在、企業構造を再編中のBigHitや関連会社に素敵な翼をもたらすと思う」「先導的ビジョンを持つクリエイターが自分のレーベルを通じて、K-POPにどのような革新をもたらすことになるか期待される」と述べています。

パン・シヒョク





ミン・ヒジンCBOは、”ビジュアル・ディレクティング”と”コンセプト”という概念を取り入れ、市場の流れを変えた先駆者という評価を受けています。

SMエンターテインメント在職時には、少女時代のコンセプト企画をはじめ、f(x)やRed Velvetに独特な視覚的イメージとユニークなコンセプトを与え新しいガールズグループの時代を切り開きました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る