「ステージK」日本チーム優勝!EXOと”Love Shot”披露


日本から参加のチームが、「ステージK」で優勝しています。

6月9日に放送されたJTBC「ステージK」では、EXOメンバー5人(カイ, チェン, セフン, スホ, ベッキョン)が見守る中、タイ, アメリカ, 日本, ベラルーシ4カ国のダンス対決が繰り広げられました。

最初に登場した7人組のタイ・チームは、”Monster“を披露しました。


続いて登場したアメリカ・チームは、男性2人と女性1人で構成された男女混成グループで、”Tempo“を披露。


3番目は、平均年齢16歳の10代の少女6人で構成された日本チーム。”Ko Ko Bop”のパワフルなダンスを披露しました。





最後は、ベラルーシから参加の女性6人組。セクシーさと余裕が溢れる”Call me baby”の舞台を披露しました。


観客と出演者投票で、第2ステージに進出したのは、日本(1位)とアメリカ(2位)の2組。

決勝ステージの指定曲はEXOの代表曲である”Growl”。セフンが「カル群舞より特有の”感じ”が重要である」と語る中、日本チームはパワフルで節度ある舞台を披露, アメリカ・チームは自由で個性を生かしたステージを披露しました。





投票の結果、対決を制した日本チームは、EXOメンバーと共に“Love Shot”のステージを披露しました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です