メロンを家宅捜索 – 著作権料横領の疑い


“メロン”が家宅捜索を受けています。

ソウル東部地検は5月27日、ソウル三成洞にあるカカオM(旧ローエン・エンターテインメント)の事務室を家宅捜索しました。

検察は、2009年から2年間にわたり、架空のレコード会社を作り著作権料数十億を横領した容疑で、メロンを捜査しています。メロンは韓国最大の音源サービス・プラットフォーム。

メロン側は「2016年にメロンが、カカオに買収される以前に発生した問題」と説明しているといいます。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です