BlackPink「ステージK」に登場 – 日本vsベルギー、”Ddu-Du Ddu-Du”で対決

blackpink


BlackPinkが、6月2日放送のJTBC「ステージK」に登場、パフォーマンス映像が公開されています。

“ステージK”は、世界各国からやって来たK-POPファンが、”ドリームスター”と一緒の舞台に立つために、K-POPのダンスカバーで国家対抗戦を繰り広げるファン参加型番組。

タイ少女らによるオープニング舞台に続いて、ベルギー, フランス, 日本、ポーランドの4チームが、カバーダンスで対決しました。


ベルギー・チーム:”Whistle”





フランス・チーム:”As If It’s Your Last”


日本チーム:”BOOMBAYAH”





ポーランド・チーム:”Playing With Fire”


4チームによるステージが終わり、第1ラウンドから決勝ラウンドに進む2チーム(1位:日本チーム, 2位:ベルギー・チーム)が発表。

続く決勝ラウンドは、”DDU-DU DDU-DU”で対決することに。
パワフルで完璧なダンスを披露した日本チーム、一方、アイデアあふれる創作振り付けとポイント振り付けを活かしたベルギーチームの対決。





バトルを制したのは、ベルギーのチーム。BlackPinkメンバーらは、創作振り付けに心を掴まれたようです。

優勝のベルギー・チームは、BlackPinkと共に”Kill This Love“のステージを披露しています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です