in

[ProduceX101] Myteenグクホン、ソン・ユビンのマイク事故に涙

プロデュースx101-Myteen


“プデュX”グループ対決で、Myteenのキム・グクホンが、メンバーを思い涙する場面がありました。

5月24日のMnet”プロデュースX 101“では、第1次順位発表式に向けて、グループ・バトルの模様が放送。


同日、”GOT7″の曲で対決することになった2チーム。
そのうち”Lullaby“のステージに対して、トレーナーのペ・ユンジョンは「このチームも悪くないが、ボーカルが最初から聞こえなかった」と感想を述べます。

舞台を終えた後、メインボーカル担当だったソン・ユビンは「マイク出ていない?」と驚いた様子。





この時、対戦相手の“Girls Girls Girls”チームのキム・グクホンが誰よりも悔しがりました。

ユビンと同じミュージックワークスに所属し、MYTEENとしてデビューしたグクホンは「同じ会社の練習生であるソン・ユビンは2週間、本当にたくさん苦労した。本当に上手な友達ですが、マイクが出なくて魅力をお見せできなかったようだ」と言い涙。





その姿に驚いたユビンは、グクホンに近づき抱擁。グクホンは「もしうちのチームが勝っても、すっきりした結果ではない」とし、ソン・ユビンのチームによる再ステージを提案。

もう1度実力を発揮する機会を得たユビンは、チーム内1位を獲得しましたが、「マイクが出なくて迷惑をかけ、気が重いです」と複雑な心境を明かしています。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る