スンリ、逮捕状請求棄却 – ソウル中央地裁


スンリユ・インソク(ユリ・ホールディングス前代表)の逮捕状請求が棄却されています。

ソウル中央地裁は14日、スンリに対する令状実質審査を行いました。裁判所は横領については”争いの余地”があるとし、残りの容疑については”証拠隠滅など拘束事由を認めにくい”と令状請求を棄却しました。

スンリには現在、性売買と売春斡旋, 横領, 食品衛生法違反の容疑がかけられています。警察は今月8日、スンリとユ・インソク(ユリ・ホールディングス前代表)への拘束令状を申請していました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です