in

ヒチョル、里親に出した”犬”の現状に悲痛「下半身マヒに….」


ヒチョル(Super Junior)が、里親に出した”犬”の近況を報告し、悲痛な思いを明かしています。

キム・ヒチョルは5月9日、Instagramのライブ配信で「(臨時保護した捨て犬)”ナソス”と記憶しているんだけど」とし、「”良い飼い主に会って去った”と言ったが、その人がどのように育てたか知らないが、ナソスがとても具合が悪いって。だから、悔しくてお酒を少し飲んだ」と話しました。

続けて「正直、どのように育てたのかと、悪口を言いたかった。だけど、芸能人だから暴言を吐くこともできない」と苦しい心境を明かしました。





“ナソス”の状態について、「下半身麻痺だそうだ」と明かしたヒチョルは、「私がその知らせを聞いて”私に連れて来て。手術費がいくらがかかっても、治療してあげたい”と言った」と提案。ところが、飼い主がこれを拒否したといいます。





ヒチョルは「私が人のためには泣かないが、ナソスはあまりにも可哀想だ。具合が悪すぎて、”安楽死”をしなければならないという話まである」。

さらに、ヒチョルは「”問い詰めないから、私に渡してくれ”と言ったら、”飼育の金をいくらください”と言った」,「それもOKしたのに、また断られた」とし、「私が悪かった。私が送ったのが間違いだった」と涙ぐみながら話しました。

キム・ヒチョルは昨年12月、自身のYouTube動画で、ボーダー・コリーを一時的に保護していると明かしていました。

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る