in

麻薬容疑のユチョン、脚に多数の傷跡 – 過去写真が話題に


麻薬使用の容疑で逮捕されたユチョンの過去写真が、注目を集めています。

裁判所は26日、証拠隠滅や逃走の恐れがあるとしユチョンに対する拘束令状を発布。警察によると、ユチョンの体毛から、ヒロポン(メタンフェタミン, 覚せい剤)が検出されたといいます。

そんな中、ユチョンの脚や手が写った過去写真が話題に。ファンが撮った写真では、手や脚に多数の傷跡があるのが確認できます。




(左:2015年に撮影 / 右:2017年に撮影)


ヒロポンやメス常用者は、皮膚の下に虫が這い回るような幻覚を覚え、皮膚を引っ掻きむしったりするといいます。ネットユーザーからは、「典型的なヒロポン中毒者の皮膚症状に似ている」「かなり前から麻薬を使用していたのでは?」と指摘する声が挙がっています。

ユチョンは今年初めごろ、恋人だったファン・ハナと共に3回にわたってヒロポン1.5gを購入し、それを5回にわたり使用した疑いが持たれています。ユチョンは容疑を否認しています。




(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments