カン・ダニエル側「仮処分申請した」- LMエンタとの専属契約停止求め


ダニエルが、所属会社を相手に専属契約効力停止の仮処分申請を行っています。

カン・ダニエルの法律代理人側は3月21日「LMエンターテインメントを相手にソウル中央地方裁判所に”専属契約効力停止”の仮処分申請をした」と明らかにしました。

カン・ダニエルの弁護士は「LMエンターテインメントがダニエルの事前同意なしに、専属契約上の各種権利を第3者に有償で譲渡する共同事業契約を締結し専属契約に正面から違反したため、仮処分申請をすることになった」「通常、仮処分は1~2ヵ月前後に、迅速に決定が行われる。決定が出たら、ダニエルは独自の芸能活動をすることができる」と説明

最後に「法的論争にまで行くことになり、ダニエルは自分を応援してくれるファンに申し訳ないと思っている。今回の事態が一日も早く上手く決着されことを希望するという意思を表示した」と付け加えています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です