FNC釈明「イ・ジョンヒョン、チョン・ジュンヨンの動画見た」


FNCが釈明しています。

FNCエンターテインメントは3月15日、公式報道資料を通じ「当社は12日、所属芸能人イ・ジョンヒョンに関連し”現在、社会的に物議をかもしている芸能人たちと親交があって、連絡を交わす仲だったにすぎず、今回の事件と関係ない”との立場を明らかにした」

続けて「軍服務中のイ・ジョンヒョンは、この公式立場を発表する前の12日午後、部隊を訪問した警察の捜査協力要請に応じた」「イ・ジョンヒョンは当時、警察が提示したチョン・ジュンヨンとの1対1の対話内容、約20件の中には本人の不法映像の流布はもちろん、不適切な動画及び問題になりそうな対話内容がなかったことを認知したため、(12日に)当時の立場を伝えた」


FNC側は「当社はイ・ジョンヒョンがかなり前に、自ら当該チャットルームを出たため、4~5年前のカカオトークの対話内容を正確に事実確認することが難しい状態だった。過去の記憶に依存した主張を土台にした立場を伝えざるを得なかった」「事実を隠したり、過ちをかばう意図は全くなかった」

続けて「14日、SBS報道後、イ・ジョンヒョンと連絡が取れ事実確認をした」「(イ・ジョンヒョンは)報道されたこと, 一緒にカカオトーク上で動画を見たり、女性卑下と性に関連した不適切な対話をしたことは非難されて当然”と反省している」

最後に「イ・ジョンヒョンは本人の誤った性道徳と価値観への大衆の指摘を胸に深く受け止めて深い後悔と自責をしている。公人としてすべての言動を注意し、反省し、また償う」と謝罪しています。

一方、SBSは14日、イ・ジョンヒョンとチョン・ジュンヨンのチャット上の会話の内容を放送。イ・ジョンヒョンはその中で「幼くてきれいで遊びやすいXXXないか”、”早く女を渡して。XXXのようなXXXで」などの会話の内容が報じられていました。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です