スンリ(BigBang)、今度は”盗撮映像”共有疑惑 – 男性歌手らと


スンリ(BigBang)に”盗撮カメラ映像”共有疑惑が出ています。

SBS funEは3月11日、「スンリと別の男性歌手2人が、カカオトークのグループチャット内で、女性を密かに撮った不法映像物(盗撮カメラ映像)を共有していた」と報じました。

報道によると、スンリの知人キム氏は2016年1月9日午後、グループチャットに男女の性関係の映像と写真を掲載。映像は宿泊施設で撮影されており、映像の中の女性は酒に酔った状態で、撮影されている事実を知らない様子だったといいます。

このチャットルームにはスンリと男性歌手2人, 投資会社ユリ・ホールディングス代表, キム氏, 芸能企画会社職員1人, 一般人2人の8人がいたいいます。

警察の捜査に詳しいある関係者はSBSFunEに「警察に提出されたカカオトークの証拠物の内、違法撮影及び流布された盗撮映像と写真が10件余りある」「一部は、スンリと他の芸能人たちが参加するグループチャットにもアップされていた」と話しています。

(ソース:1, 2)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です