BTS側「仏写真家ベルナール・フォコン氏の盗作主張は成り立たない」


仏の写真家ベルナール・フォコン(Bernard Faucon)氏が「BTSの創作物が、自分の作品に似ている」と主張する中、BTSの事務所がコメントを出しています。

ビックヒット・エンターテインメントは2月25日午前、Newsenに「昨年9月、提起された類似性の主張に対して、主張が成立しないとの我々の立場を伝えた経緯がある」と明らかにしました。

ハンギョレは同日、「ベルナール・フォコン氏は、BTSのアルバム”花様年華:Young Forever”(2016年)とBlood, Sweat, & Tears(血汗涙)のMVの一部が、自身の作品である”夏休み”の”饗宴”などの作品背景や演出の構図を模して作られたと主張している」と報道。

ハンギョレはさらに「アルバムのタイトルも、1997年から2003年まで25カ国で行われた撮影プロジェクトのタイトル”The Most Beautiful Day of My Youth”からインスピレーションを受けたとも主張した」と伝えています。

フォコン氏側は昨年、ビッグヒットに2度にわたり謝罪と賠償を求めたが、ビックヒット側は受け入れなかったといいます。

(写真:BTS – 血汗涙MV)

(写真:ベルナール・フォコン氏の作品)




(写真:BTS)

(写真:ベルナール・フォコン氏の作品)

(写真:BTS)

(写真:ベルナール・フォコン氏の作品)

(ソース:1, 2)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です