IZOne(アイズワン)、徹底した口パク方針が話題に – デビューから年末授賞式まで生歌なし?


IZOne(アイズワン)の徹底した口パク振りが話題になっています。

音楽授賞式「第28回ソウル歌謡大賞」が1月15日、高尺スカイドームで開催されました。

同日、IZOneは新人賞を獲得。さらに、“La Vie En Rose”をパフォーマンスしましたが、口パクにファンから不満の声が出ています。


あるファンは、オンライン・コミュニティに「ファンの間でも話題になっているIZONE生歌を巡る議論」とし、キャプチャ画像を掲載。


そこには、次のような事が書かれています。

「デビューから年末授賞式まで、生歌をしたことは一度もない」
「ソウル歌謡大賞で、IZONEのみがリップシンク」
新人だから生歌しなかったでのはない。同じ新人のStray Kids(G)I-DLEは生歌だった。」
「デビューショーケースでは、バラードを含めて全部リップシンクだった」

(1/15開催の2019ソウル歌謡大賞)





さらに、「プデュ先輩のIOIは、大部分が生歌だった」とも指摘。


最後に、10月末に行われたデビュー・ショーコンの記事のキャプチャ画像が掲載。そこには「アイズワン、3000人のファンの前で華麗なデビュー…ダンス・チームのようなオール・リップシンク(全口パク)ショーコン」書かれています。


(コメント欄には…)

「本当に口パクひどい。ボーカロイドのような口パク。」
「実力で選ばれたのではなく、外見で選ばれたから。当たり前」
「こういうグループに生歌を求めるのは、ちょっと違う…出来るメンバーも居るかもだけど、実力で選ばれたわけじゃないから。日本のメンバーたちが、生歌で出来るか分からないし…プデュ出身だと、IOIが一番実力あった。」
「IOIも結構口パクしていたよ」
「実力バレるのを恐れて、口パクしているみたい」
「ファンだけど、そろそろ生歌が欲しいと思っていた」
「咲良がライブで歌ったら、大変なことにに・・・」
「ボーカルがあまりいないのかな」
「口パク・ショーコン、タイトルもひどいね(笑)」
「2年半と期間も決まっているから、わざわざ生歌しなければならない?」
「昨日のソカデ、ほとんどのアイドルは生歌だった。音響のせいで、生歌とリップシンクの違いがはっきりしていた」
「ファンだけど、ショーコンでオール口パクはちょっと衝撃だった。”夢を見ている間”のようなバラードも口パクだったから」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です