少女時代のティファニー、父親の詐欺疑惑に「7年連絡を取っていない」


ティファニーが、父親の詐欺疑惑について声明を発表しています。

ティファニーは12月5日、所属事務所Transparent Artistを通じて声明を発表し、父親との複雑な関係を明かしました。

ティファニー:

「実は、小さい頃から父親の様々な問題によって大変な子供時代を過ごした。デビュー後も、私の知らない様々な債務関連の問題で、父の仕事に関係された方々から脅迫を受けた」

「それだけではなく、私も父から借金を返せと強圧を受けたこともある。しかしながら、これもまた、家族の仕事だと思い、私が何度も金銭的責任を負ったこともあった。そのため、大切なメンバーたちと周りの方々に迷惑をかけるのではないかと、いつも心配で怖かった」

「それにもかかわらず、父と関係された方からの脅迫は繰り返された。結局、これ以上手に負えない問題とし、父親との関係を整理して、それぞれお互いの人生を生きることとなった。以後、連絡が途絶えてから7年ぐらい経つ」


これに先立つ4日、大統領府の国民請願の掲示板に、ティファニーの父親から詐欺に遭ったという人物の請願文が掲載され話題を集めていました。

この人物は、2007年9月にフィリピン・マニラで知人の紹介でティファニーの父親であるファン氏と初めて会い、詐欺の被害に遭ったと主張しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です